浮気調査の依頼費用の相場は?

1万円札

 

自分のパートナーが浮気をしているかもしれない、そんな疑惑ができても、他人にはなかなか相談できません。自分の家庭内のトラブルを知られたら、無責任に周囲に悪質な噂を流されてしまう恐れもあるのです。

 

まだ明確な証拠がない以上、信頼がおけるプロに任せて、秘密裏に真実を突き止めるのが大人のやり方と言えます。気になる浮気調査の依頼料金の相場ですが、1週間の平均的な調査方法で50万円程度かかります。

 

この依頼料金は、尾行や張り込みを担当する調査員の人件費と、調査にかかる交通費などの諸経費によって構成されています。そのため、調査員の人数を増やすか、困難な調査方法にする、あるいは、調査時間を長くするほどに増加していくのです。

 

探偵事務所の依頼料金は、日常生活の買い物と違って分かりにくく、相場より高い値段で契約してしまう恐れがあります。どのような調査をしてくれるのかをしっかり確認して、適正な依頼料金を出してくれた、信頼できるところに決めるべきです。

安くても捜査力のない探偵事務所は意味がない

探偵事務所の調査員になるためには、これといった資格は必要なく、雇われるかフランチャイズ契約をすれば誰でも働けます。

 

相場より安い依頼料金になっている探偵事務所の中には、素人をアルバイトとして使っていた、というケースもあるので注意しましょう。

 

尾行の訓練すら受けていない素人に調査されたら、最悪、調査対象に気づかれてしまう危険すらあるのです。

 

安くても捜査力のない探偵事務所は意味がなく、貴重な時間とお金を浪費するだけになってしまいます。あとから追加料金を請求してくる悪徳業者という可能性もあるので、やはり安すぎるところには用心しなければいけません。

 

依頼料金の表示を時間単位にしている探偵事務所では、一見安く見えるものの、実質的には他よりも割高となってしまった事例もあります。

 

探偵事務所を比較する時には、必ず同一条件による最終的な見積もりで行うことが鉄則です。また、経費は、原則的に見積もりとは別に実費請求されるため、調査方法によってはかなりの金額になるケースもあります。

自分である程度証拠を集めると費用を節約できる

浮気調査の依頼料金は、他の依頼よりも節約しやすいのが特徴です。自分と親しい相手を調査してもらうとあって、浮気している可能性が高い曜日や時間帯を掴みやすく、そこに絞って調査してもらう方法も選べます。

 

自分である程度証拠を集めると、これから浮気をするだろうタイミングが分かって、通常の浮気調査より大幅に費用を節約できるのです。

 

 

調査対象の詳しい個人情報があれば、探偵事務所としても経験則からアドバイスしやすく、相談の時点でも頼りになります。ただし、自分で浮気の証拠を掴もうと頑張りすぎても、相手に感づかれてしまうので要注意です。

 

いくら経験豊富な調査員であっても、常に警戒している人間を尾行するのは骨が折れます。それに、用心して浮気相手としばらく会わなくなったら、せっかく高い依頼料金を払って調査させている意味がなくなってしまいます。

 

浮気ではない可能性も考慮に入れると、自分の立場で自然に集められる証拠にとどめる方が安全です。

浮気調査ではどんな費用が発生する?

費用を気にする女性

 

探偵・興信所に浮気調査を依頼した場合、いったいどんな費用項目が発生するのか、主なものを以下にまとめてみました。

 

基本料金

探偵事務所に正式に依頼すると、この基本料金は必ず請求されます。仮に、調査初日の1時間で浮気の決定的な瞬間を撮影できたとしても、当日の基本料金である6時間分が請求されるのです。なお、この基本料金に明確な定義はなく、全てコミコミ料金としている探偵事務所もあれば、別途調査費用を請求してくる探偵事務所もあります。

 

基本料金における1日の実働時間は、3時間から6時間程度です。それを超えて調査続行する場合は、時間単位の延長料金が上乗せされるのが一般的です。

 

ポイントは、基本料金の中身である調査員の数と車両の有無、それから1日の実働時間の2つとなります。そのため、営業トークに惑わされずに、見積もり書の中で、時間単位の依頼料金を確認しなければいけません。

交通費や燃料費

浮気調査は、原則的に調査対象の尾行と張り込みによって進めます。なぜなら、依頼人から詳しい個人情報を聞けるため、聞き込みの手間を省けるからです。浮気は周囲に隠れて行うケースが多いから、調査対象を尾行して割り出すしかありません。

 

尾行と張り込みには、当然ながら、そのルートに応じた諸経費がかかります。通勤には電車やバスが使われますし、自動車であれば同じく車両による追跡が必要です。また、調査対象が浮気相手と待ち合わせをしているカフェでは、注文をしながら張り込みを続けます。

 

調査中の交通費や燃料費、そして飲食代については、基本料金とは別に実費請求されます。高速代がかかる場合は、思わぬ高額請求になってしまうケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

機材使用費

特殊な仕事である探偵事務所には、調査用の機材も必要となります。個人で購入するには高価な業務用ビデオカメラや、連絡を取り合う無線機、偽装された小型カメラなど、多種多様なラインナップです。盗聴発見調査においては、海外製の電波探知機を持ち込むケースもあります。

 

浮気調査ではあまり見られない項目ですが、ワンボックスカーの車内から、望遠レンズ付きのビデオカメラで撮影するような場合は、1万円前後の請求が考えられます。

 

多くの個人事務所では、熟練の技による尾行と、ピンポイントの調査プランの提案がセールスポイントであり、機材は市販のハンディカメラ等を使用中です。もしも浮気調査の見積もりで機材使用費を見かけたら、その内訳について説明を求めましょう。

成功報酬

成功報酬は、探偵事務所が契約上の条件を満たした場合にのみ請求できる依頼料金です。したがって、一般的に、依頼人側に有利な契約内容と認識されています。浮気調査に失敗した場合でも、着手金の支払いだけで済めば、最小限の損失で済むでしょう。

 

ところが、成功条件を決めていなかったことが原因で、浮気の証拠が掴めなかったのに成功報酬を請求された事例もあるのです。

 

複数人の調査員を張り付かせる浮気調査は、成功報酬との相性が悪い特徴があります。探偵事務所側では確実に人件費が発生するのに、浮気の証拠がないと減額では、とても採算が合いません。

 

失踪人を探す行方調査では、必ず見つかる保証がないので必須ですが、浮気調査ではあまりお勧めできないのが正直なところです。

 

それぞれの項目の呼び名は事務所によってちがいますが、主要なは概ねこの辺りです。

 

ただこれが、調査料金に含まれている業者、料金とは別に個別に請求する業者とちがいがありますので、興信所を決める際はしっかりと把握しておかないと思わぬ出費につながるおそれがあります。