自分で浮気調査するのはさまざまなリスクが伴う

先進のデジタル機器

 

パートナーが浮気してるかもしれない・・・

 

そういう疑いを持った場合、まず考えるのは自分で何らかの証拠を見つけたい、ということだと思います。

 

豊富なガジェット類

実際、腕時計と見分けがつかないようなデジタルカメラや、素人でもプロのテレビ番組のような映像が撮れてしまうビデオカメラなど、今までプロしか手に入らなかったような高性能な機器が一般の方でも簡単に購入することができます。

 

さらに、都市部なら交通網も充実していますし、あの手この手でターゲットを尾行、というのもできそうな気がします。

 

探偵事務所に浮気調査を依頼すると、やはり高額の依頼料金がかかってしまいがち。したがって、自分で真実を解明しようとする方も、けっこう見られるのです。

 

ところが、プロに依頼しないで進める場合、やはり相応のリスクが伴います。具体的なポイントをまとめてみました。

 

相手に感付かれやすい

自分自身で浮気調査をするリスクとしては、第一に相手に勘付かれやすい点を挙げられます。パートナーは依頼人のことを熟知しているので、本来知っていないはずの情報が出てくる、今までと微妙に行動パターンが変わるなどの変化で気づかれてしまうのです。

 

自分が相手を見ている時には、相手からも挙動を見られていることを忘れてはいけません。

 

浮気調査においては、調査員は様々な機器を使用しつつ、粘り強く調査対象を追っていきます。電子機器を動作させるためには電源が必要ですし、設置する場所と、バッテリー充電のために回収するタイミングも考えなければいけません。どれだけ便利な機器であっても、使い方を間違えてしまうと相手に勘付かれる原因になるだけです

 

言い訳されたり証拠を消されたりしがち

浮気調査の成否は、調査対象に気づかれない間に証拠を押さえられるかどうかです。逆に言えば、浮気をしている証拠がなければ、いくら状況証拠があっても意味はありません。どれだけ疑わしくても、司法は疑わしきは罰せずのスタンスです。

 

それに、素人が浮気調査をした場合、高い確率で調査対象に対して自滅します。

 

警察では自分の関係者がいる事件を担当しないように、捜査においては冷静に進められる人選をするのが鉄則です。それによって、感情的になってしまってミスをする、せっかくの証拠を台無しにしてしまう等のリスクを潰しています。まして、信じていたパートナーに裏切られた依頼人自身による浮気調査では、尚更です。

 

最悪のケースでは、運良く掴んだ決定的な証拠を調査対象にぶちまけてしまって、すぐに対策されてしまうこともあります。その場で上手く言い訳されてしまい、あとでじっくり時間をかけて証拠を消されたら、パートナーの浮気を暴く、裁判を有利に進めるのはもう不可能です。

 

成功しても、一部始終を知る精神的なキツさがある

探偵事務所の浮気調査は、ビジネスライクに進めており、その内容については客観的に捉えています。でも、浮気調査中に盗聴した会話や、張り込み中に撮影した写真や動画には、かなり刺激的なものも含まれているのです。

 

浮気の詳細を知るためには、浮気相手との会話が大きな情報源となるので、それがどんな内容であっても一通り聞くしかありません。

 

専門店で設置型の盗聴器を買って、パートナーがいない間に仕掛けるまでは、素人でも無理ではありません。けれども、あなたは、信頼していたパートナーと浮気相手の一部始終を観察できますか。プロの探偵でさえ、かなり疲弊する現場もあることを予め忠告しておきます。

 

浮気をする人間は、何度も浮気するケースが多く見られます。自分の相方を裏切る背徳感を好んでいるのか、それとも、単に深く考えていないだけなのか、いずれにせよ厄介なタイプです。

 

もしも浮気相手が、既婚者と承知の上で浮気している場合、かなり生々しい会話が繰り広げられます。また、浮気をしていないかどうか気になってしまうと、キリがなくなってしまいます。

 

それでも自分でできるだけ調査したい、という方は以下の記事をご参照ください。